社員紹介 WORK & PEOPLE

HOME > 社員紹介 > 営業(電子) 鈴木
営業(電子) 鈴木 営業(電子) 鈴木
文系
職種:営業(電子)
入社年度:2007年
出身学部:工学部 ※取材当時
鈴木

同僚からの支えを胸に
信頼される営業として成長
国内・海外のフィールドで活躍

img
同僚からの叱咤激励が成長につながった

鈴木は人と話すことが好きな性格や営業研修先の先輩の印象から、理系出身ながらも営業職を希望し、これまで横浜の拠点をはじめとした東日本の各地域で勤務してきた。現在はチームマネージャーとしてアジア圏に向けた車載インテリア用LEDの営業を担当している。
活躍の幅を広げている鈴木だか、当初は営業職になかなか慣れることができず、挫折を経験することもあった。
「入社2年目のときに、営業先とのコミュニケーションがうまくとれず、上司から叱責され落ち込んでしまったことがありました。すると、その様子を見て当時の先輩が仕事の基本に関する本をプレゼントしてくれたのです。営業に向いていないかもと自信を失くした時だったので、先輩の優しさが身に染みたし、絶対にその思いに報いようと思いました」
こうして同僚のフォローに支えられながら、さらに業務に邁進していった。

img
国・地域にマッチした営業戦略を立てる

国内での営業経験を着実に積んできた一方、現在取り組む海外営業では仕事の進め方の違いもあるという。「国内営業の際には取引先に足を運ぶことで直接声を聞くことができたけれど、現在は足を運ぶ機会を頻繁に設けられないのが現状です。だからこそ現地スタッフとの頻繁に連絡を取ることや、直接行く機会も積極的に設けるようにすることで、少しでも情報が収集できるように努めています」
そんな鈴木が大切にしてきたのは“信頼関係”だ。「以前異動したいわきの拠点では、前任者であった当時の上司が取引先との関係性を大切にしていました。驚くほどスムーズに物事が進む状況を見ていて、基本の姿勢としてやはり大事なことだな、と感じました」
自動車関係の事業は既存の取引先が多いという特徴がある。だからこそ大切にすべき姿勢を感じながら、新たなフィールドで挑戦を続けている。

img img
経験を部下の教育に生かす

営業担当として様々な経験を積む一方、鈴木はチームマネージャーとしての顔も持っている。マネージャー業務について「全体的なことを任せてもらっている印象があります」と自信の裁量の大きさを感じることも多いようだ。
また部下の育成に対しても上司からアドバイスを貰う場面がある。
「以前は部下に嫌われたくないという思いがあってついつい甘やかしていました。しかし、上司から『それでは部下の成長につながらないからしっかりしろ』と指摘され、今は先輩たちのように、時に厳しく、時にやさしく指導するように心がけています。指摘されることは一見悪いことのように感じるけれど、それだけ相手に対して関心を持って期待してもらっている証拠でもある。そのことを意識しながら部下を育てていければいいなと思っています」
今後、海外での活躍も期待される鈴木。挑戦はこれからも続いていく。

キャリア

入社の動機
企業研究の際に当社のことを知り、町工場を営んでいる父に相談したところ、父からは「以前に一緒に仕事をさせてもらったことがあるが、とても良い会社だった」という答えがありました。面接や内定者懇親会で、人を大切にする社風があると感じ入社を決めました。

今後の目標
以前から海外で働いてみたいと思っていたので、今の仕事の経験を生かし、海外駐在も経験したい。海外ではLED以外の光源のニーズもあるし、車載インテリアのバリエーションも豊富なので、自分にとっても新たなチャレンジになると考えています。

オフの私

数回の転勤にあたっては勤務地周辺の環境を楽しんでいる。特に印象に残っているのはいわき(福島県)の拠点。夏には海水浴、冬にはスキーが楽しめたほか、食べ物や日本酒もおいしく最高でした。