採用情報 RECRUIT

HOME > 採用情報 > 教育・研修制度

教育・研修制度

スターズプラン

スタンレーでは、人事方針である「向上心、向学心に満ちあふれる人を大切にする風土の確立」に基づき、能力主義を軸とした公平性、納得性、妥当性のあるトータルな人事制度であるスターズプラン(STARS Plan)を展開しています。自由闊達で社員一人ひとりが自主性を持つことにより、創造性とチャレンジ精神に富んだ活き活きとした企業風土を作りあげています。

※STARS Plan=Stanley Total Ability Rating System Plan

能力開発制度

「職務遂行能力の向上に結び付く能力開発」、「個性重視に基づく能力開発」、「向上心、向学心に満ちあふれた人に対する機会提供」をねらいとし、充実した教育研修システムを構築しています。
階層別、職能別教育のほか、自己啓発支援、公的資格取得奨励制度等、社員一人ひとりの能力開発を推進・支援しています。

ローテーション制度

適材適所を実現し、個人の自立と組織の活性化・強化を促進させるために、社員の能力を活用したローテーションを実施しています。個人のキャリア選択制度とリンクした計画的な異職種へのローテーションや社内留学制度等、多様なキャリアパスを設置しています。

評価制度

能力主義に基づいて、職務遂行能力を見る能力評価と、実績・成果等業績への貢献度を見る実績評価に分けて運用しています。評価結果の本人へのフィードバックのほか、資格制度、賃金制度、能力開発制度といった他の人事制度とリンクさせることによって、社員のモチベーション向上、能力開発の推進、公正な処遇に結びつけています。

教育体系

スタンレー人づくりシステムをベースに幅広い充実したプログラムが社員一人一人のキャリアプランをサポート。

スタンレー人づくりシステムをベースに幅広い充実したプログラムが社員一人一人のキャリアプランをサポート。 スタンレー人づくりシステムをベースに幅広い充実したプログラムが社員一人一人のキャリアプランをサポート。
新入社員教育
社会人・スタンレー社員として必要な基本知識・スキルを習得する。
監督者教育
監督者として必要な知識・考え方の習得と
課題形成力、構想力の向上をはかる。
職位者教育
問題解決能力養成、評価者訓練などを通じ、
職位者として必要な知識・考え方を学ぶ。
マネジメント職教育
マネジメント職として必要な知識・考え方を
習得するとともに、
自分のマネジメント特性を
把握し自己変革をはかる。
経営幹部候補教育
次期経営幹部として必要な経営感覚を学ぶ。
その他の教育
戦略教育
経営戦略として打ち出された、特定領域の
機能強化の一環として全社的に実施される教育。
(情報リテラシー教育、生産革新教育、
品質教育、環境教育など)
職能別教育
各職種の専門知識を深めるために実施する教育。
社外講習会の他、社内講師によるオープンカリキュラムも展開。
自己啓発
通信教育カリキュラムへの補助や公的資格取得推奨制度など。

新入社員研修

スタンレーの新入社員研修は、1年をかけてさまざまなことを学び、体験してもらいます。
主な目的は2つで、1つはビジネスパーソンとしての基礎知識・スキルを早期に身につけること。これによって自己成長のスピードが上がり、若いうちから自身のキャリアビジョンが拡がります。
もう1つは自己理解を深めること。現時点の自分の強み・弱みが認識されるだけでなく、今後の自分がどうありたいかをじっくりと考えることができます。
また、自分自身と仕事を十分理解したうえで配属先を決定することから、配属におけるミスマッチの防止にもつながっています。
本研修は“飽きさせない”カリキュラム、“夢中にさせる”メニューと“成長を自覚させながら進行する”スケジュールの3つを軸に構成されています。
斬新で興味をそそらせる内容は、一般的な研修のイメージと異なり他社に類を見ません。
新入社員の1割以上が1年以内に退職してしまうことが当たり前の時代に、毎年一人の脱落者も出さないスタンレー独自の自慢の教育システムと言えます。

イメージ イメージ
Collective training
4

社会人の第一歩。難しいことも自然と身につくように
カリキュラムが工夫されています

スタンレーグループビジョン、スターズプラン(人事制度)、社内諸規定、ビジネスマナー研修、マーケティング/アカウンティング(基礎)、品質教育、環境教育、安全教育、技術者基礎教育、ビジネスシミュレーション、SNAP(生産革新)研修、英語レッスン、TOEIC ほか

イメージ イメージ
Sales · Plant training
5-8

<営業実習・工場実習>

ものづくりの会社の営業現場、工場現場を体験学習します。今まで体験したことのない実際のものづくりの現場は、一人ひとりの考え方・見方を拡げさせてくれます。

イメージ イメージ
Collective training
9

半年間の振り返り(自己成長の確認)

わずか半年間での自分の成長に驚かされます。プレゼンテーション、ロジカルシンキング、 PCリテラシー、品質教育、TOEIC、テーマ研修目標設定 ほか

イメージ イメージ
Theme training and
achievement presentation
10-12

<テーマ研修>

100を超えるあらゆる職種・機能のテーマがあり、その中から自分が学びたい、やってみたいテーマを選び、実際の職場で取り組みます。

<成果発表会>

テーマに対する取り組み結果を発表します。

<集合研修>

アクティブラーニング研修(主体性の発揮、チームビルディング)
スタンレーゴルフトーナメントボランティア業務体験 ※スタンレーの社会貢献活動の一環であるスタンレーゴルフトーナメントにスタッフとして参加し、チームワークをはじめ多くのことを学びます。

OJT・Collective training
1-3

仮配属(OJT)

本配属に向けて、これまで学んだことを活かして、実践で実務知識・技能を取得します。

集合研修(3月)

1年間の振り返り、これからのキャリアについて考える、TOEIC、今後の目標設定 ほか

配属先で必ず活きる!

営業実習では「引き合い~受注~代金回収まで」を、工場実習では「仕入~生産~出荷まで」を経験したことにより、現場に精通した経理部員になることができました。これは研修のメリットですね。
また工場で取り組んだ改善活動では、ムダ取りの目が養われ、それはデスクワークになった今でも活きています。
長坂雄貴
長坂雄貴
所属:経理部 資金課
2012年入社 出身学部:経済学部