採用情報 RECRUIT

HOME > 採用情報 > 教育・研修制度

教育・研修制度

入社からのキャリアに応じた幅広い教育プログラムが社員一人一人のキャリアプランをサポートします。

入社からのキャリアに応じた幅広い教育プログラムが社員一人一人のキャリアプランをサポートします。 入社からのキャリアに応じた幅広い教育プログラムが社員一人一人のキャリアプランをサポートします。
新入社員教育
社会人・スタンレー社員として必要な基本知識・スキルを習得する。
監督者教育
監督者として必要な知識・考え方の習得と
課題形成力、構想力の向上をはかる。
職位者教育
問題解決能力養成、評価者訓練などを通じ、
職位者として必要な知識・考え方を学ぶ。
マネジメント職教育
マネジメント職として必要な知識・考え方を
習得するとともに、
自分のマネジメント特性を
把握し自己変革をはかる。
経営幹部候補教育
次期経営幹部として必要な経営感覚を学ぶ。
その他の教育
戦略教育
経営戦略として打ち出された、特定領域の
機能強化の一環として全社的に実施される教育。
(情報リテラシー教育、生産革新教育、
品質教育、環境教育など)
職能別教育
各職種の専門知識を深めるために実施する教育。
社外講習会の他、社内講師によるオープンカリキュラムも展開。
自己啓発
通信教育カリキュラムへの補助や公的資格取得推奨制度など。

新入社員研修

当社の新入社員研修は、1年をかけてさまざまなことを学び、体験してもらいます。
主な目的は「ビジネスパーソンとしての基礎知識・スキルを早期に身につけること」「自己理解・企業理解を深めること」の2つです。
様々な部署での研修を通じ、自身のキャリアビジョンを意識しながら成長することができます。
また、自分自身と仕事を十分理解できたうえで配属先を考えられるため、配属におけるミスマッチの防止にもつながっています。
“飽きさせない”カリキュラム、“夢中にさせる”メニュー、“成長を自覚させながら進行する”スケジュールの要素が詰まったこの研修は、一般的な研修のイメージと異なる、当社独自の自慢の教育システムと言えます。

Collective training
4
イメージ イメージ

<集合研修>

社会人の第一歩を踏み出すにあたって 知りたいこと・知ってほしいことを盛り込んだ研修です。 学生時代に馴染みなかったことでも、 知識として身につけることができるよう工夫したカリキュラムを用意しています。

【 研修内容 一例 】

□社内の基礎知識
(グループビジョン、人事制度、組織概要、社内規定など)
□ビジネスマナー
□ものづくりの基礎知識
(光学、品質、安全、環境、マーケティング/アカウンティング、SNAP(生産革新)など)
□英語教育(TOEIC受験、英語レッスン)

Sales · Plant training
Collective training
5-9
イメージ イメージ

<営業・工場実習>

メーカーの根本である、モノづくりとモノを売る現場を学ぶ実習です (営業・工場ともに文系・理系出身を問わず体験していただきます)。 社内の部署に対する理解が深まったり、配属後にも役立つ知識を得られたり、様々な知識習得につながります。

<集合研修>

社内のことやモノづくりの基礎を学んだ半年間を振り返り、自己の学びをより深めるための土台を形成する研修です。自身の成長を実感しつつ、新たな学びを得る機会です。

【 研修内容 一例 】

□ロジカルシンキング
□プレゼンテーション
□テーマ研修の目標設定

Theme training
10-12
イメージ イメージ

<テーマ研修>

あらゆる機能・職種から集まった100を超えるテーマのうち、 自身が学びたい・やってみたいテーマを1つ選び取り組む研修です。 研修の最後には、テーマ学習やその部署での業務補助を通じて学んだことについて、 成果発表としてプレゼンを行います。

<SLGT研修>

当社主催のスタンレーレディスゴルフトーナメントのボランティアを通じ、 今後チームで働いていくにあたり改めて知っておきたいことを学べる研修です。

Temporary assignment
1-3

<仮配属>

今まで学んできたことを発揮しながら、本配属に向け実際の部署で業務に取り組みます。

<集合研修>

1年間の研修を振り返ったうえで、2年目以降の将来像について考えを深めていきます。

*研修期間中のフォロー体制について研修期間中は実習を行う各部署にて“新卒指導員”が、新入社員1名に対し1人指名されています。普段の業務や仕事の進め方など様々なフォローを受けながら成長できる環境になっています。