社員紹介 WORK & PEOPLE

HOME > 社員紹介 > 営業(電子) 佐藤
営業(電子) 佐藤 営業(電子) 佐藤
文系
職種:営業(電子)
入社年度:2017年
出身学部:商学部 ※取材当時
佐藤

社内多部署と連携・協力して
努力を積み重ね
営業として大きく成長

img
モノづくりに興味を持った幼少期

父親がメーカーに勤めていたため、小さい頃からモノづくりに関心を持っていたという佐藤。
「素晴らしい製品を、世に送り出す手伝いをしたい」という思いで、就職活動ではメーカーに的を絞ったそうだ。そのなかでも日々刻々と発展を遂げている自動車ランプを軸に電子デバイスなどにも注力していることから入社を決意した。
入社後は研修を経て車載エクステリア用LEDの営業部署へ配属され、アジア圏の自動車ランプメーカーを担当することになった。海外の現地スタッフを統括するという業務において、現地との情報共有は欠かせないものである。「現地スタッフと毎日欠かさず電話で情報交換・共有を行うのはもちろん、月に1回は拡販活動の促進や顧客とのリレーション強化、新製品の紹介のために現地へ出向いています」。
いかに顧客の声に応えるかを考えつづける日々を送っている。

img
営業としてのやりがいを感じた案件

配属早々に任されたのは、製品量産までの調整業務である。「この製品は韓国完成車メーカーのフラグシップモデルに採用されたものということで期待が大きい一方、多岐にわたる課題を解消する必要がありました。製品の性能や梱包方法などを一つひとつ確認し、他部門と共に対応を検討していきました」佐藤は取引先の思いを可能なかぎり実現していきたいと思い、粘り強く何度も話し合いを続けた。その当時を「技術・製造部門などに急場での対応をお願いすることもしばしばありました。きちんと説明すれば動いてもらえるのが当社の良い点であると感じます」と振り返る。
約1年間の時を経て、ついにその製品が搭載された車種の発売が開始された。「発売後のある日再び韓国へ出張に行っていたところ、ちょうどその車が走っているところを見かけました。この仕事をやっていて良かった、と感動したのは今でも鮮明に覚えています」文系の立場からモノづくりに携わりたい、という佐藤の想いが初めて実現した瞬間だった。

img img
さらなる成長に向け勉強に励む日々

営業として一日でも早く一人前になれるようにと、製品の知識や市場動向に関して勉強できる機会を積極的に活かしている。「社内の勉強会に参加して車載製品全体に関する知見を深めたり、展示会に足を運んで市場動向や新製品をチェックしたり、様々な知識を身に着けられるように心がけています」
努力の成果は着々と花開いてきている。「取引先からの質問にその場で正確に答えられることが増えました。またフランクな雑談の中で現地でしか知りえない業界トレンドや最新情報を聞くことができるようになり、勉強の成果が活きていると感じることが最近は少しずつ増えてきています」
今後は営業としてさらに仕事の幅を広げていきたいと意気込む佐藤。さらなる成長が期待できそうだ。

キャリア

入社の動機
電子デバイス製品のように、外から見えないところで完成品を支えるものを取り扱いたいと思い、当社の選考を受けることにしました。説明会や面接の場で、営業職と技術部門の距離感の近さや連携体制の強さを感じ、当社で働くことに魅力を感じました。

今後の目標
製品を取引先にに売り込む段階から採用・調整を経て量産開始に至るまで、すべての過程に携わることです。

オフの私

学生時代に世界各地を旅したことから、現在も休日を利用して旅行を楽しんでいます。これまでで一番印象に残っている旅は、フィンランドにオーロラを見に行ったことです。