社員紹介 WORK & PEOPLE

HOME > 社員紹介 > 法務 深澤
法務 深澤 法務 深澤
文系
職種:法務
入社年度:2017年
出身学部:法学部 ※取材当時
深澤

挑戦する若手を支える社風を追い風に
法務の立場から会社の多様な事業を支える

img
契約書業務を進めるのに大切な「他部署との連携」

学生時代に専攻していた法学のバックグラウンドを活かし、深澤は法務部で日々業務に取り組んでいる。取引先との新規取引や工場新設から、製品設計に使用する業務ソフトの導入、産業廃棄物の処理に至るまで、事業活動のさまざまな局面で必要となる「契約」の内容を審査・修正し、書面に落とし込むのが主な仕事だ。なかには定型の雛形がベースになっており、短いスパンのチェックで完結する契約書もあるが、一方でプロジェクトの開始時から担当の事業部とタッグを組んで、長期間にわたって法務面からサポートしていくケースもある。
取引先との間に交わされる秘密保持契約ひとつとっても、まさに千差万別である。「秘密保持の範囲やルールを明文化した契約書は、取引先とのその後の関係性やビジネスの在り方を大きく左右するので、慎重に事を進めなければなりません」。契約書を作成するにあたっては法律の面だけではなく、契約の対象となる技術や研究内容などについても把握しておかなければならないため、「随時、設計部門に問い合わせたり、法務部内の設計経験者に相談したりしている」という。
また、新入社員研修での経験が日々の業務に役立つ場面は多いという。「実務に即した適切な契約となっているか。具体的に想像するにあたって工場実習や営業実習で足を運んだ事業所の様子や仕事の進め方を思い出すことは多いです」。様々な知識を蓄えながら、深澤は日々業務に取り組んでいる。

img
堅苦しくなく、相手に伝わりやすい説明ができるように

もちろん、時には社内各部門の合意がうまく得られなかったり、取引先の法務部門の了承がなかなか得られなかったりして、契約書の文言を何度も調整・修正しなければならないこともある。そんな時でも何より「なるべく柔軟に、堅苦しくならないように話すこと」を心がけているという。
「契約を申請した部署が取引先に説明でき、理解を得られるようにすることが最終的なゴールです。そのためには専門用語が多い契約書の文言の一つひとつについて、意味合いや効果を噛み砕いて理解してもらうことが大切になってきます。契約審査において修正してほしい箇所がある場合も、ただ結論だけを示すのではなく、その理由や取引先に説明する際のポイントなどをわかりやすく伝えるようにしています」。 こうした度重なる調整や修正を経て、ようやく契約書が完成する。「苦労は多いけれど、署名捺印された契約書が手元に届いた時には大きなやりがいを感じます」と微笑む深澤。「今後も先輩や他部署の方たちにアドバイスをいただきながら成長し、イレギュラーで前例のない案件においても有意義な提案ができるような人材になりたいです」

img img
若手でも挑戦できる環境を実感する日々

契約関係のほかにもうひとつ、深澤が携わっているのが株式関係の業務だ。株式会社としての社外への情報開示や各種手続きなどを担当しているが、特に配属直後の株主総会の事前準備や運営に参加した時のことが印象に残っているという。
「事務局の一員として参加した総会当日は、株主や役員、社内外の関係者が一堂に会する様には圧倒されました。配属から半年も経たない頃だったので、まさに目の前で会社の根幹にかかわる議事が進んでいく迫力と緊張から、手が震えたことは今でも鮮明に覚えています」。
また配属後から海外出張の機会もあったという。「契約書の雛形作成のために出張する機会があったのですが、私も度々行かせてもらいました。若手に貴重な機会を譲ってもらえている印象があります」
若手でも積極的に仕事を任せてもらえる環境で、果敢に挑戦を続け成長している深澤。これからの活躍がますます楽しみな存在だ。

キャリア

入社の動機
数あるメーカーのうち、当社に対する魅力を感じた点は「照らす」以外のさまざまな役割を担う光の価値に対して大きな可能性を感じたことだった。

今後の目標
まずは現部署で一人前の人材になることが目標。中長期的には営業職を経験したり、海外に出て自分の力を試したりしてみたいという思いもあります。

オフの私

メロディックデスメタルとメタルコアの音楽が好きで、学生時代からよくライブを聴きに行き、バンド活動(パートはドラム)もしていた。今もメタルを聴くのは大事な趣味のひとつ。また、家の近所のサウナ付き銭湯で汗を流したり、大学時代の仲間とお酒を飲んだりしてリフレッシュすることも多いです。