社員紹介 PEOPLE

HOME > 社員紹介 > 生産技術 山口
生産技術 山口 生産技術 山口
理系
職種:生産技術
入社年度:2009年
出身学部:大学院 基礎工学研究科
山口

時代やトレンドを読み
経営資源を最大限に生かしながら
最適な設備やプランを導入していく

img
新たな情報に対して、常にアンテナを立てる

樹脂成形品(自動車ランプを構成する部品)を生産するための設備の導入計画や設置調整を手掛けている山口。ひと口に成形品といっても、その種類は実に膨大だ。スタンレーの工場には幅広い部品生産に対応できるような成形機が用意されているが、日々刻々と変化する時代やトレンドに対応していくには、新たな成型機や技術を導入しなければならないこともあるのだ。
「最近ではLEDランプが普及してきたことで、樹脂の素材に求められる機能も大きく変化してきています。私たちは限られた予算とスペースの中で、時代やトレンドの変化に生産現場を対応させていかなければならないので、設備関係の展示会に出かけたり、設備メーカーの営業の方からのヒアリングを参考にするなどして、常に新しい設備や技術に関する情報にアンテナを立てるようにしています。同時にスタンレーの他部署からも多岐にわたる資料を収集し、全社的に最適な生産現場となるように心がけています」

img
生産現場とのコミュニケーションを大切にする

設備の導入計画を立てるにあたっては、自分が考えた理論通りに製品を生産することができるかを実証しなければならない。山口は頻繁に自ら装置の一部を改良し、部品を試作することによって、新たな装置や技術の可能性を模索しているという。
「もともと子どもの頃からものづくりが好きでしたし、学部時代には光学デバイス、大学院時代には無機ELの研究に携わっていました。当時は実験過程で真空機器や測定器などを使用したり、部品を改造したりもしていたので、装置の操作や試作は得意なんです」
とはいえ、実際に生産現場の装置を稼働させて、実証実験を行うには現場との連携が不可欠になる。生産を継続したままでのスムーズな新規設備導入や入替が必要不可欠になるためだ。だからこそ、山口は現場との連携にあたって「対面及び電話でのコミュニケーション」を大切にしているという。
「一見するとメールでの伝達の方がスムーズに物事が伝わるように思われがちですが、たとえば新しい技術を試してみる場合はメールだけでなく、会話によるコミュニケーションが欠かせません。通常、そういった場合は現場に事前に設備の設定などを依頼しておくのですが、新しい技術の場合、当方の指定した設定や指示に疑問点を抱かれてしまい、時には現場判断で異なる設定にされてしまうことがあるからです。現場とは常に会話を通して目的を共有し、疑問点などを解消しておくことを肝に銘じています」

img img
緊急の仕様変更を乗り越えた
部門を越えた協力体制

山口にとって忘れられない出来事がある。現在の部署に異動して間もない2016年、すでに製品設計が完成し、量産の一歩手前まできていた製品に関して、品質に関わる仕様変更が緊急要請されたことだ。
「生産設備そのものを見直す必要が生じたので、設計部門や品質部門、生産部門と連携して、急ピッチで事を進めなければなりませんでした。しかし、なかなか要請通りの仕様が実現できず、何度も試作や実験、各部門との調整を繰り返すことになりました。正直、かなり厳しい状況でしたが、他部署と協力し合うことで一致団結できたおかげで、約1カ月で何とか対応することができました。無事に量産が始まった時には今までにないほどの達成感を得ることができました」
ちなみに、スタンレーの職場では上長や先輩社員に対しても、「~さん」という呼び方を使うのが一般的だ。社内の風通しの良さがコミュニケーションの取りやすさや強固な協力体制の実現に結びついているのかもしれない。

キャリア

入社の動機
大学で電子・光の研究を行っており、LED関連のメーカーを探しているなかでスタンレーに出会った。自動車系の部品事業がメインであり、継続的に需要が見込める業界である点に魅力を感じて入社を決意した。

研修について
一年を通じて営業から工場実習、開発などの現場を経験し、部門間の関連性や業務遂行の仕組みについて理解できた。また、同期や先輩など社内で相談できる知り合いが増えたのも良かった。

今後の目標
担当工場の重設備の改善・合理化に取り組み、製品ニーズに合わせた設備の整理を行い、生産性を向上させていきたい。

オフの私

結婚してから友人と関東周辺でキャンプをするようになった。4年前に子どもが生まれてからはテント泊をするようになり、たき火をしながらお酒を飲むのが楽しみの一つになっている。