• HOME
  • グループビジョン
  • 製品
  • 人たち
  • 技術
  • 拠点
  • 制度
  • 募集要項
  • エントリー
  • 事業内容
  • 社会活動
  • 最先端研究紹介
  • プロジェクト紹介
  • スターズプラン
  • 教育体系
  • 福利厚生
  • 募集要項
  • FAQ
  • スタンレーの人たち
  • フレッシャーズ
  • 国内
  • 海外

Menu Open

HOME < 技術 < LED投光器

プロジェクト紹介

プロジェクト紹介

LED投光器

省エネルギー・長寿命で環境負荷の少ない製品が次々と開発される昨今、ますます注目度が高まっているLED。

そんな中、スタンレー電気は世界的に著名な照明デザイナー石井幹子氏から、ドイツ・ベルリンで開催される、日独交流150周年記念のイベントに力を貸してほしいという依頼を受けた。そのプロジェクトは、東西ドイツ統合の象徴であるブランデンブルグ門の頂上に鎮座するクアドリガ(四頭馬車)と女神ヴィクトリアを60メートル以上離れた場所からライトアップするというもの。

石井氏はスタンレーとLED照明を用いたコラボレーションを行うなど以前から交流があったことからスタンレーの技術を熟知していた。そのため、今回、様々な制約のある中で思い通りのライトアップを実現するには、スタンレーのLED投光器でなければ実現出来ないという理由から依頼が舞い込んだのだった。

60メートル以上も離れた対象物をムラ無く照らすには、高度な配光技術と今までに無い高輝度LEDが必要となる。イベント開催まで残された期間はわずかだったが、スタンレーは依頼を快諾。プロジェクトを成功させるために社内の精鋭4人が集められた。
そして、世界に類をみないLED投光器を生み出すべく、開発者たちの試行錯誤が始まった。

  • 「理想の光」を実現するために世界にも類をみないLED投光器の開発へ
  • 均一な明るさを備えたLED投光器を求めて一切の妥協を許さない開発者たち
  • 海外拠点と連携し、輸送面の問題を解決 迎えたリハーサル当日
  • 数々の難題を乗り越え、更なる「光の価値」の追求へ