• HOME
  • グループビジョン
  • 製品
  • 人たち
  • 技術
  • 拠点
  • 制度
  • 募集要項
  • エントリー
  • 事業内容
  • 社会活動
  • 最先端研究紹介
  • プロジェクト紹介
  • スターズプラン
  • 教育体系
  • 福利厚生
  • 募集要項
  • FAQ
  • スタンレーの人たち
  • フレッシャーズ
  • 国内
  • 海外

Menu Open

HOME < 技術 < 最先端研究紹介

スタンレーの最先端研究

スタンレーの最先端研究

シミュレーション技術

自動車ランプの開発にはシミュレーション技術が必要不可欠です。
3次元CADでモデリングされた形状データをもとに、流動解析、構造解析、熱解析、配光予測などさまざまなシミュレーションが行なわれています。

ここでは、その代表例である配光予測シミュレーションを紹介します。

例えば、夜間、自動車が安全に走行できるよう前方を照らすヘッドランプ。
このヘッドランプは単に明るければ良いというものではなく、対向車など他の交通の妨げにならないように照射する必要があり、国や地域、得意先、ランプの機能(走行、すれ違いなど)ごとに数多くの配光基準が定められています。
配光予測シミュレーションは、設計段階において試作品を作成する前に配光基準の適合性をチェックするために使われており、設計品質の向上と開発期間の短縮に役立っています。

近年、自動車ランプに利用される光源もフィラメント光源からHID光源、LED光源と進化し、配光設計手法は複雑化しています。しかしスタンレーでは配光シミュレーション技術を自社開発しているため、このような新しいテクノロジーにもタイムリーに追従することが可能となっています。

また人間工学の理論に基づいた配光予測シミュレーションは、ドライバーにやさしい最適な配光を追求するツールとしても役立っています。
例えば最近の自動車ランプにはAFS(Adaptive Front-Lightlng Systems )やADB(Adaptive Driving Beam)といった運転状況に応じてランプの照射方向を変化させる機能が備わっているものもあります。AFSは、交差点では歩行者や障害物の早期発見に、曲がりくねった坂道ではこれから車が進む方向の路面状況を的確にドライバーに知らせるのに有効な機能です。このように、シミュレーションは自動車走行時の配光評価が出来ない場合においても活用されています。ヘッドランプの路面照射イメージをCGで再現し、動画で表示することで配光設計を強力にサポートしています。