• HOME
  • グループビジョン
  • 製品
  • 人たち
  • 技術
  • 拠点
  • 制度
  • 募集要項
  • エントリー
  • 事業内容
  • 社会活動
  • 最先端研究紹介
  • プロジェクト紹介
  • スターズプラン
  • 教育体系
  • 福利厚生
  • 場集要項
  • FAQ
  • スタンレーの人たち
  • フレッシャーズ
  • 国内
  • 海外

Menu Open

HOME < 人たち < 新機種管理 桝田

スタンレーのヒトたち

常に学び続けることが問題点の改善につながる

入社してから一貫して、自動車のヘッドランプやリアコンビランプなどの設計・製造・販売を行う四輪第二事業部に所属する桝田。受注した新製品を顧客である自動車メーカーが満足する品質・コストで永続的に生産できるようにするための準備を行う、岡崎工場の新機種管理課で働いている。
「新機種を製造する際には、プロジェクトチームを立ち上げ、設計や試作を繰り返し、改善や問題点の是正をしていかなければなりません。私が所属する新機種管理課とはこのチームのまとめ役であり、幅広い知識が求められるポジションでもあります」。
特に自動車のランプは保安部品であり、意匠部品でもある特殊な製品。お客様の満足するランプを安定的に生産するためには試作段階で発見した問題点について真因を究明し、解決に導く筋道を示すことが重要である。そのために、自動車ランプの仕組みは当然のこと、自動車そのものの仕組み、ランプの構成部品としてのプラスチック、ゴム、金属の特性や成型方法など広い知識が求められる。
「例えばある加工を経てランプの外装が想定していたものと異なる色味になってしまった場合、そこに使用されている素材の特性などを把握していなければ、原因を深掘りしていくことができません。そのため、入社してからも学校で学んできた電気や応用物理、数学的知識をベースに幅広い分野の知識習得に励み続けています」

「諦めないこと」が会社と自分の成長を促す

こうした業務を推進していく上で桝田が心掛けていることがある。それはどんな困難に直面しても「諦めないこと」だ。
「ときにはなかなか原因にたどり着くことができず、『無理だ』『これ以上やっても無駄だ』と思ってしまうこともありますが、そこで諦めてしまっては原因が解明できないのはもちろん、自分自身の成長までも止めてしまいます。どんなに困難な課題にぶつかっても、どうしたら解決できるかを粘り強く考え、取り組みつづけることが大切です」。
この粘り強さはスタンレーの職場環境が育てた、と桝田は振り返る。
「直属の上司が、どんな場面でも決して諦めない人でした。その背中を見ることができたおかげで、自然とわからないことがあればすぐに調べたり、知見者に聞いたりして、積極的に問題解決に取り組む姿勢が身につきました。スタンレーにはそんな雰囲気と粘り強く仕事に取り組む人材を評価し、サポートしてくれる社風や制度があります。今は自分が後輩を育てる立場でもあるので、できるだけよい背中を見せていきたいと思っています」。
事実、スタンレーには挑戦する気持ちで業務に取り組んでいる人材を評価する制度が整っている。「私自身、高専卒からスタートをしましたが、学歴や年齢で評価されていると感じたことはないですね。良い仕事をしている人が評価されている、そのような環境だと私は思います。」

モノづくりへの欲求を存分に満たせる仕事

今でこそ自動車に精通するようになった桝田だが、当初は自動車にそれほど関心があったわけではなかった。しかし、自動車に関連するモノづくりに携わるうちに当たり前のように車種にも詳しくなり、興味を持つようになったという。「自分が担当した製品を初めて街中で見かけた時の感動は忘れられません。もちろん、苦労した点も多かったですが、それも含めて感慨深く、こみ上げるものがありましたね。」
その感動は、ますます桝田をモノづくりに熱中させることになった。
「まだまだ自分には知らない技術や素材がある。ありがたいことに今の部署では社内外からさまざまな情報を収集することができるので、新しい技術や素材に積極的に関わり、モノづくりと名の付くものなら知らないものがないほどの知識を蓄積したい。そして、その知見を設計や改善に役立てて、よりよい製品づくりに活かしていきたい」と語る。
モノづくりをこよなく愛し、粘り強く仕事に取り組む桝田。ワクワクするモノづくりへの挑戦は、これからも続いていきそうだ。

キャリア

入社の動機

手に取った求人案内がきっかけでスタンレーのことを知った。活き活きと仕事をする社員の姿に共感した。

研修について

高専・工業高校卒は2週間ほどの集合研修で、主にビジネスマナーや仕事への意識、会社の仕組みを学んだ。実務はOJTが中心。

今後の目標

自分の知らない工法や技術、材料を学び、モノづくりを究めたい。

オフの私

特に決まった予定を立てることは少なく、ふらっと温泉に行ってみたり、友人とお酒を飲みに街へ繰り出してみたりと、ゆっくり過ごすようにしている。1週間の疲れをしっかりとり、次週も頑張るためには充実した休日を過ごすことが大切だという。

MENUスタンレーのヒトたちダイレクトリンク